2002SS
2001秋冬ヴィクトリアンスタイルは店頭を黒一色にしましたが、2002春夏は、よりスイートなロマンティックスタイルへの流れとともに、ホワイトを中心にニュートラルなナチュラルカラーやソフトなカームカラーへと変化しそうです。 前シーズンのミリタリーに替わり、ナチュラルなカントリースタイルが主流となり、ロマンティックな味付けでブラウン系とハーブカラーが登場。 フォークロアの浮上とともに、情熱的なブライトカラーやサマーダーク、ゴールドも注目です。
2002春夏のロマンティック傾向は、素材においてもフォークロアを含めたハンドクラフトと装飾性の復活にはっきりと現れています。 もう一つの大きな流れはコットンをはじめとするナチュラル素材の継続で、デニム、クリーンコットンから揚柳までナチュラル感覚は根強い傾向です。
  1. ナチュラルコットン 
ナチュラル傾向はクリーンコットンから、揚柳、シワ加工とより自然な風合いへと移行。デニムもウォッシュ加工で自然な着古し感覚へ。 無地ばかりでなく、リバティプリント、ギンガムチェック、デッキチェアストライプなど、素朴なサマーコットンが復活。
 
  2. ロマンティックな装飾素材
レースを筆頭にカットワーク、刺繍など装飾素材に注目。透け感ではシフォンも継続。光沢ではサテンに加えてフォークロア感覚からシャンタンが浮上。素材と合わせて付属でのレーステープ、サテンテープ、フリンジ、紐使いなど、装飾的なディティールも重要。
 
  3. フォークロア感覚のモチーフ
花柄をはじめペーズリーや、ジプシー、アフリカン調のパターンが登場。装飾性復活のシーズンを象徴するパッチワークやパターンMIXの柄×柄のスタイリングも注目。
 
2002春夏はシルエットでも、セクシーで挑発的なボディラインを強調したフィットラインから、ルーズでふわりと包み込むようなリラックススタイルに変化しています。ドローストリングやレースUP、ラップなど、1枚の布をボディに添わせる手法が多く見られ、衣服の原点である民族服を感じさせます。
1.ブラウジングライン 2.フィット&ボリューム 3.スレンダーライン 4.レイヤード
ブラウジングTOPとフィットボトムの組み合わせ。 今年はカプリパンツと合わせたパイレーツスタイルが新鮮。
フォークロア感覚のボリュームスカートとフィットTOPとの組み合わせ。
ボディにそった流れる様なライン。ハンカチーフヘムに代表されるイレギュラーヘムが今年風。
スカートONパンツをはじめルーズなレイヤードスタイルが登場。
2006SS  
2005SS 2005FW
2004SS  
2003FW 2003SS
2002FW 2002SS
2001FW 2001SS
東京マーケットリサーチ | パリ・ミラノレポート | デザイナーコレクション | ワールドトピックス | ファッションカレンダー | デザイナー紹介 | 会社案内 | TOP PAGE